更年期障害 - 漢方相談  漢方薬あい花 KANPO aika

更年期障害

更年期障害の事を中医学では

「経断前後諸症」または「更年期総合症」等と呼びます。

 

女性は閉経が近づくにつれ、卵巣機能が衰退していきます。

それに伴い女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少していきます。

 

エストロゲンが減少すると、骨粗鬆症になったり、

コレステロールが増えて肥満になったり、

自律神経が乱れ、各種神経症状が現われたりして、

更年期世代の女性を苦しめます。

 

例えば

ほてり、冷えのぼせ、ホットフラッシュ、発汗、

不眠、動悸、イライラ、めまい、耳鳴り、高血圧、神経質、

憂鬱、不安感、焦燥感、慢性の膀胱炎、陰部乾燥感、物忘れ

等々・・

 

更年期の症状が現われたらまずは医療機関で、しかるべき検査を行ってください。

なぜかというと更年期の症状の陰に重大な病気が隠れていることがあるからです。

その心配がなくなりましたら、

西洋医学ではホルモン療法や睡眠薬、精神安定剤等のお薬が治療薬として出されます。

 

中医学では一人一人の体質や症状に合わせて処方を考えます。

基本的な処方は

ほてり、寝汗、熱感強いなら「杞菊地黄丸」や「瀉火補腎丸」

冷えが強いなら「金匱腎気丸」や「参馬補腎丸」「参茸補血丸」

憂鬱感やストレスあれば「逍遙丸」や「加味逍遙散」「柴胡加竜骨牡蛎湯」

不眠、動悸、寝汗、不安があれば「天王補心丹」または「酸棗仁湯」

高血圧気味なら「降圧丸」「釣藤散」「七物降下湯」等を服用します。

さらに「骨粗鬆症」が見られれば動物性生薬の補腎薬で強力に補い、肥満が見られれば「健脾薬」でコレステロールを除去することも可能です。

それぞれ体質、症状に合わせて処方します。

 

更年期に漢方薬をなぜ飲む必要があるのか?

もちろん今現在の不調や苦しみを解消する目的もありますが、

更年期後の人生をより良く元気にハツラツと生きるために身体の下地を作る必要があり、漢方薬がそれのお手伝いを出来るからです。

更年期のお悩みは当店までご相談ください。